HOME>アーカイブ>塗装する場合の効果とその基礎知識を身につけておこう
女性作業員

建物の耐久性が上昇する

東京で外壁塗装する場合には、その効果をよく理解しておく必要があります。外壁塗装にはどのような効果があるかといえば、一つは耐久性が上がることです。例えば、古くなった外壁には様々なところにひび割れが発生している可能性があります。ひび割れが発生している場合には、そこからの水が浸入してしまい結果的に壁の中が劣化してくるでしょう。やがて、建物の耐久力が弱くなってくることが考えられます。この場合には、早めに外壁塗装することが必要になるでしょう。そもそもなぜ外壁塗装することによりひび割れをすることができるかといえば、新しく塗装する前の段階でひび割れの部分を補修するからです。例えば、ひび割れが5ミリほどできている場合には、その部分を削り取り新しく壁を造り直します。そのようにしなければ、外壁塗装をする意味があまりなくなってしまうからです。完全にきれいにした状態で塗装することによりピカピカの外観にすることができ耐久性も高まるでしょう。

どれぐらいの時間がかかるのか

これから東京の外壁塗装業者に自宅の外壁塗装を依頼する場合には、一体どれぐらいの期間がかかるか気になるところです。この期間を知らなければ、引っ越しをする場合や近所にあいさつする場合でもいったいいつ始まり、いつ終わるのかが明確にわからず本人も近所の人も困惑してしまう可能性があります。そこで、一般的な外壁塗装の期間を考えてみると、基本的には2週間ぐらいかかると考えてよいです。なぜそれぐらいの期間になるのかといえば、まず塗装する前に外壁を一度きれいに洗い流しその後補修を行うからです。それだけで二日以上かかるでしょう。それに加えて、ベランダなどは特殊な塗料を使って塗り分けを行ってきます。外壁などは、3度塗りと呼ばれる方法を採用しています。これは、3回塗料を塗ることでより塗装を完ぺきにする方法になります。これらをすべて含めるとおよそ2週間かかるでしょう。

広告募集中